« ANAの前期における純利益が108%増。 | トップページ | 3月の鉱工業生産指数0.3%減。 判断の据え置きと評価 »

2015年5月 3日 (日)

東京株、終値も今年最大の下げ幅になったようです。

News22


産経新聞2015年4月30日(木)15:18

 

30日の東京株式市場は大幅反落した。日経平均株価の終値は、休日前28日の終値に比べ538円94銭安の1万9520円01銭。取引時間中に続いて、終値でも今年1月6日( 525円安)の下げ幅を上回り、今年最大の下げ幅となった。

 午後1時40分ごろにつけた安値は556円安の1万9502円で、取引時間中として今年最大の下げ幅となった。その後はやや下げ幅を縮小していたが、終盤に下げた。

 米国で1-3月の経済成長率が発表され、0.2%と急減速したことを受けて、終日大幅下落が続いた。午前終値は380円安の1万9678円。

 日銀決定会合が午後1時ごろ終了し、大規模緩和策などが現状維持となったことで、失望売りが進み、一段安となった。もともと今日とあすは大型連休前で利益確定売りが広がる時期でもあり、値下がりに拍車がかかった。

 東証株価指数(TOPIX)の終値は、前日比34.64ポイント安の1592.79。


今年最大となる今回の東京株の大幅反落。これにより大きなリスクを被る方がいたかもしれません。取引によって損失が発生した時、大きなリスクを背負わざる負えない株式やFXはとっつきにくい印象があるかもしれませんが、そのリスク面において安心できる取引がバイナリーオプション取引です。

そういったバイナリーオプション情報に加え、業者について知りたいという方は、海外バイナリーオプションを見比べることができる情報サイトを参考にしてみましょう。

« ANAの前期における純利益が108%増。 | トップページ | 3月の鉱工業生産指数0.3%減。 判断の据え置きと評価 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2090291/59836802

この記事へのトラックバック一覧です: 東京株、終値も今年最大の下げ幅になったようです。:

« ANAの前期における純利益が108%増。 | トップページ | 3月の鉱工業生産指数0.3%減。 判断の据え置きと評価 »