« 3月の鉱工業生産指数0.3%減。 判断の据え置きと評価 | トップページ | バイナリーオプションで取引充実させよう »

2015年5月 5日 (火)

10年固定型1・2% 5月の住宅ローン金利について注目してみよう。

News24
 大手5銀行が5月に適用する住宅ローン金利が30日、出そろった。主力の期間10年金利固定型の最優遇金利は、三菱東京UFJと三井住友、みずほ、りそなの4行が年1・20%で並んだ。三井住友信託銀行は同行として過去最低の0・85%で据え置いた。  三菱東京UFJと三井住友は10年固定型の最優遇金利を4月適用分と比べて、それぞれ0・05%引き下げた。みずほとりそなは、4月適用分と同じ1・20%。三井住友信託は2月以降4カ月連続で0・85%を維持している。  変動型金利は5行とも据え置いた。

住宅ローン金利の5月適用分がそれぞれの会社で出揃ったようですね。金利の変化によって消費者、投資家による判断に大きな変化が出そうですが、これの判断については慎重な投資の判断が必要となりそうです。そんな中でも安定して取引を実行に移せるバイナリーオプション取引は副業として粘り強い威力を発揮することでしょう。

バイナリーオプション取引に興味がある方は、私の取引のきっかけとしてお世話になった情報サイトを紹介します。基本的なバイナリーオプションのルールに加えて、海外バイナリーオプションの徹底的な比較も参照できるので、始めるならぜひおすすめしたい内容となっていると自身を持ってオススメします。

« 3月の鉱工業生産指数0.3%減。 判断の据え置きと評価 | トップページ | バイナリーオプションで取引充実させよう »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2090291/59836826

この記事へのトラックバック一覧です: 10年固定型1・2% 5月の住宅ローン金利について注目してみよう。:

« 3月の鉱工業生産指数0.3%減。 判断の据え置きと評価 | トップページ | バイナリーオプションで取引充実させよう »